Yeqela kokuqukethwe

吉野杉の製材工場見学とオリジナルコースター作り体験

Bheka imingcele yasendaweni ye-COVID-19 ngaphambi kokubhukha

Okokuzithokozisa kuqondiswa ngu Teruichi

Imizuzu engu-60
Kuhlanganisa amathuluzi
Ukufika kubantu abangu- 10
Ibungazwa nge Isi-Japanese

Ozokwenza

吉野杉の家からほど近い吉野貯木場内の「吉野中央木材株式会社」の製材工場をご案内します。製材工場の中では、吉野地方で育てられた樹齢100年級の吉野杉や吉野桧の原木丸太から、建築材などに製材加工されています。製材工場内は普段は入れない場所ですが、ご案内させていただきます。熟練の職人技によって、美しい木材になるまでを、ぜひご覧になってください。見学のあとは、吉野の杉と桧で、オリジナルのコースター作りを体験してください。

受付
製材工場見学(約30分間)
吉野杉と吉野桧のコースター作り(約30分間)

Ukuzibophezela kukaTeruichiekuphepheni

Lo mbungazi uzibophezele emihlahlandleleni ye-Airbnb yokuphepha neyokuhlanza ehlobene ne-COVID-19—kuhlanganise nokulandela imihlahlandlela yokuziqhelelanisa komphakathi, ukuziphatha ngenhlanzeko encomekayo, nokuqinisekisa ukuthi bonke ababambiqhaza bagqoka isifonyo.
Funda kabanzi

Okuhlanganisiwe

  • Amathuluzi
    吉野の杉と桧で作るコースターの材料とサンドペーパーをプレゼントさせていただきます。
Kusuka ku- $19
/ umuntu
Azikho izinsuku ezitholakalayo

Yazana nombungazi wakho, u Teruichi

Umbungazi ku-Airbnb kusukela ngo-2016
  • Ubuwena buqinisekisiwe
日本最古の林業地である奈良県吉野町で創業80年の製材所で木の仕事をしています。Airbnbと吉野町のコラボレーションである「吉野杉の家」プロジェクトでは、建築のための木材アドバイザーも務め、吉野杉の家のホストの一員でもあります!
Ukuze uvikele ukukhokha kwakho, ungalokothi uthumele imali noma uxhumane nabantu ngaphandle kwewebhusayithi ye-Airbnb noma i-app. Funda kabanzi

Lapho uzoba khona

製材工場の内部は、ちょっと危険がところもあるので、普段は入れない場所ですが、工場スタッフが安全に配慮して、ご案内しますので、ご安心ください。原木丸太を製材したばかりの木肌に触れたり、削りたての木材の香りを楽しむこともできます。見学のあとは、オリジナルのコースター作りを体験していただきます。完成したコースターは、お持ち帰りいただけます。

Izinto okufanele uzazi

Inqubomgomo yokukhansela

Noma yikuphi okokuzithokozisa kungakhanselwa futhi kubuyiselwe imali egcwele phakathi namahora angu-24 okuthenga, noma okungenani ezinsukwini ezingu-7 ngaphambi kokuthi okokuzithokozisa kuqale.

Umazisi Kahulumeni

Kuzodingeka uzithathe isithombe esifana nesithombe esikumazisi wakho. Lokhu kwenzelwa ukuze i-Airbnb iqinisekise ukuthi ngempela ubani ozoba nokokuzithokozisa. Kuzodingeka ukwenze kanye kuphela lokhu.

Izimfuneko zokuba isivakashi

Kuze kufike ezivakashini ezingu-10 zabo bonke ubudala zingeza.